artists
 
 
曽谷朝絵「宙」
SOYA asae  "sora"


-作品集「宙色・sora iro」刊行記念展-


20 November − 14 December 2013
 
     
 

西村画廊では、2013年11月20日(水) より12月14日(土)まで、この夏から秋にかけて水戸芸術館で開催された回顧的個展を機に青幻舎より発売された曽谷朝絵の初作品集「宙色・sora iro」の刊行を記念して、当画廊では約2年振りとなる彼女の個展「宙」を開催いたします。

曽谷朝絵は1974年神奈川県に生まれ、2006年に東京藝術大学大学院美術研究科修士課程油画専攻を修了しました。在学中から精力的に作品の発表を重ね、心地良い光に満たされたバスタブなど身近な「光」を独特の表現で描き、2001年に昭和シェル石油現代美術賞展でグランプリ、翌年にはVOCA展で大賞を受賞するなど脚光を浴びました。
2007年に西村画廊で個展「Prism」を開催。水の波紋の中に生じる光のきらめきを自然の法則に基づいて描いた “Circles”シリーズや、空港の光が映り込んだ水滴とその向こうの空港という二つの視点を一枚に描いた“Airport”シリーズなど、「光」の持つ様々な表情を描いた作品は大好評を得ました。
2010年に、資生堂ギャラリーで個展「鳴る色」を開催。曽谷が自身の中で感じていた色が持つ音のイメージとその反響をテーマに、色とりどりに彩色された波紋のような形のカッティングシートを組み合わせた大規模なインスタレーションを縦横無尽に展開し、それまでの「光」をテーマにした作品とは異なる新たな表現が話題を集めました。
2011年には長野のおぶせミュージアム・中島千波館で個展「Swim」を開催、その後、横浜市民ギャラリーで個展形式のグループ展「ニューアート展 NEXT vol.1 Sparkling Days 」に参加しました。横浜市民ギャラリーでは、資生堂ギャラリーのときと同じく会場の一室全体を使って、曽谷が光を感じるときにいつも耳にする音(それは弦楽器のような音で、互いに反響しながら波紋のように広がっていく)を視覚化した「鳴る光」という新作インスタレーションを発表。これまで絵画という二次元でのみ表現してきた「光」を三次元においても独自の表現で示してみせました。

2013年も、前述の水戸芸術館での個展をはじめ、横浜文化賞(文化・芸術奨励賞)と神奈川文化賞(未来賞)の受賞など、大活躍の一年でした。特に、代表作から最新作までが一堂に会した水戸芸術館の個展では、初の映像インスタレーション「宙・sora」を発表し、大きな話題を呼びました。高さ11メートル、9メートル四方の空間で行われたこのインスタレーションでは、花や木、草、光などを描いた色彩豊かなアニメーションを空中に浮かぶ鏡の球体を用い展示室全体に投影することで、色や姿が刻々と変わっていく色彩の森の中を鑑賞者があたかも遊泳するかのような空間を創り出しました。曽谷は、何かをつくろうと思ったとき自身の中で「創造の森」のようなものが生まれきて、それがどんどん育っていくと言いますが、そんな「創造のエネルギー」を表現したのが、このインスタレーションでした。
今回の個展では、原画やイメージ図などこのインスタレーション「宙」にまつわるドローイングを、水戸芸術館では公開されなかった未発表のものを中心に多数展示いたします。
今回の作品集の中で、「描いているうちに、登場する植物たちがどんどん独り歩きして、作者の予想を超えた動きや色彩を要求しだし、それらに引っ張られて、森は展開していきました」と曽谷が書いているように、彼女の「創造のエネルギー」が形になっていく過程の、驚きや新鮮さに満ちたインスピレーションがこれらのドローイングにはあふれています。

ぜひ会場にお越し頂き、曽谷のエネルギーの源泉を感じて頂けたら幸いです。

 
     
 

For the first time in 2 years, Nishimura gallery is pleased to present SOYA Asae’s solo exhibition “sora” from November 20 Wednesday to December 14 Saturday in the occasion of the publication of her first art book “sora iro” by Seigensha in connection with her retrospective exhibition at Art Tower Mito from this summer to autumn.

SOYA Asae was born 1974 in Kanagawa prefecture, and conferred a doctorate for painting major of Tokyo University of Fine Arts and Music in 2006. She had painted the bathtub filled with familiar “light” since she was a student, and she won the grand prizes in the exhibition of Showa Shell Sekiyu Contemporary Art Prize 2001 and in the VOCA 2002.
Her first solo exhibition in our gallery “Prism” was held in 2007.  Like “Circles” and “Airport” series, she showed the rich and varied expressions of “light” and received increased recognition.
In 2010, the solo exhibition “Ringing” was held in the SHISEIDO Gallery, Tokyo. Under her new theme of the sound images of colors and the echo, she created the large-scale installation composing the various colored cutting sheets like wave patterns.
The solo exhibition “Swim” was held at The Obuse Museum (The Nakajima Chinami Gallery), Nagano in 2011. In the next year, she joined “New Art Exhibition NEXT vol.1  Sparkling Days” at Yokohama Civic Art Gallery and showed her new installation “Ringing Light” visualizing the sounds to which she can listen when she feels light. She developed her expression of “light” on not only flat form like paintings but also such installations handling spaces.

Along with the said solo exhibition at Art Tower Mito, she got Yokohama Cultural Award and Kanagawa Cultural Award, the year of 2013 became a successful for her. Especially, in the solo exhibition at Art Tower Mito showing both representative and new works together, her first try of video installation “sora” was also exhibited and got high reputation.
In a space measuring 11 meters high by 9 meters square, she projected the colorful animation of flowers, woods, grasses and lights to spherical mirrors floating in the air, and reflected it to the whole of the exhibition room. It made the people feel like swimming in the forest with various colors and forms. Soya says that when she thinks to create something, “creation forest” emerges in herself and it grows rapidly. Such her “creative energy” was visualized in this installation.
In this solo exhibition, we will exhibit the original drawings for this installation mainly which were not shown at Art Tower Mito.
“As I drew, the plants that appeared started going along on their own. The ways they moved and the colors they required transcended what I had imagined. I was pulled along by them and the forest took shape”. As Soya talks in the art book, these drawings are filled with her fresh and amazing inspiration in the process of the visualization of  “creative energy”.

 
     
 



「宙-C-volute」"sora-C-volute" 2013
watercolor on paper on panel
59.5 x 84 cm








 
 



「宙-fall-4」"sora-fall-4" 2013
  watercolor on paper
36 x 26 cm

 
 








「宙-plot-1-a-」"sora-plot-1-a-" 2013
  watercolor on paper
36 x 26 cm

 
 








「宙-plot-7-b-」"sora-plot-7-b-" 2013
  watercolor on paper
36 x 26 cm