Nishimura Gallery
artists

 

 

曽谷朝絵 SOYA Asae

- prism -

2007年10月23日(火)-11月17日(土)西村画廊

 

「Airport Eastgate」2007
oil on cotton on panel
145.4 x 227.3 cm

 

「Circles」2007
oil on cotton on panel
130.8 x 162 cm

 

 

「水滴 Waterdrops」2007
oil on cotton on panel
80 x 100 cm

 

 

西村画廊では10月23日(火曜)より11月17日(土曜)まで「曽谷朝絵 プリズム」を開催致します。2002年VOCA展(上野の森美術館、東京)で大賞を受賞する等、継続的な活躍で注目を浴びてきた画家・曽谷朝絵の当画廊における待望の初個展となります。

曽谷朝絵は1974年神奈川県に生まれ、東京芸術大学に入学し2006年に同大学院美術研究科油画専攻にて絵画博士号を取得しました。在学中から精力的に作品発表を重ね、数々の賞を受賞していた曽谷は、2001年に昭和シェル石油現代美術賞展でグランプリ、続けて翌年にはVOCA展で大賞を受賞して脚光を浴びます。特に現在も曽谷の作品のテーマとなっている光と水の表情豊かな浴槽を描いた「Bathtub」のシリーズでは、つるつるした浴槽の質感や水面の波紋の動き、肌に心地よい蒸気、石鹸の匂いなどを描き出した作品で高く評価されています。こうした作品から新作まで曽谷の作品全てに共通するのは、光に対する鋭敏な感覚から、色彩をどこまでも薄く重ね見事に描出された複雑なグラデーションと、描かれた内容についての視覚的な意味を超越し、触覚や嗅覚といったより幅広い感覚に訴えかけることが意識され、見るものを絵画内の「心地よい場所」に取り込むインスタレーション的要素です。2005年にセゾン美術館で行われた二人展「ART TODAY 2005」では、曽谷の作品が空間に放出したまばゆいばかりの光が会場を包み込み、その優れた描写力を遺憾なく発揮しました。また最近では、窓ガラスにしたたる水滴を描いたシリーズや飛行場の静謐な風景を描いた作品など、幅広いモチーフに挑戦し新たな展開を見せています。今年は横浜市民ギャラリーあざみ野で開催される「ARTxDANCE−Art meets Dance− 横浜創造界隈のアーティストたち」(10/26〜11/10)に参加する他、東京ステーションギャラリーの企画による「現代絵画の展望」展(2007.12/8〜2008. 2/11)への出品が決まっており、より幅広い活動が期待されています。

この度の西村画廊での個展「曽谷朝絵 プリズム」では、近年の曽谷作品の集大成とも言える油彩画15点とパステルによるドローイング作品10点を展示します。丸いバスタブの一部分をクローズアップして、光の満ちた水面の様子を色彩のグラデーションで丁寧に追求した「Circles」(2007年、100号F)や、雨の窓ガラスの外にぼんやりと浮かび上がる景色が神秘的な「水滴」(2007年、40号F)、または水中に斜めに差し込む光の波紋を三種類の色調で実験的に描いた「Slider1」「Slider2」「Slider3」(2006〜7年、37.5x80.5cm)など、様々な方向性から「心地よい場の感覚」を描き出そうという意欲的な作品が揃います。また飛行機の窓越しに眺める飛行場の滑走路を描いた「Airport」(2007年、120M)では、小さくあちこちに散らばるコンテナや遠くに見える木々や太陽の光がダイナミックな配置で描き尽くされており、曽谷の新たな展開を感じさせる作品となっています。曽谷朝絵の作品世界から溢れ出すみずみずしく透き通った「空気」を表現した心地よい展示にご期待下さい。

   
   

Nishimura gallery is pleased to present SOYA Asae's solo exhibition, 'Prism’, from Tuesday October 23rd to Saturday November 17th, 2007. As a painter, Soya has been continuously active, and has been recognized for quite a while, especially since she won the grand prize for 'The 6th Exhibition of Showa Shell Sekiyu Contemporary Art Prize’ in 2001, and also in the next year, won the VOCA prize at 'Vision of Contemporary Art 2002’. In 2005, Saison Museum held the two men exhibition of her with SAITO Meo, titled 'ART TODAY 2005’. This 'Prism’ will be Soya's longtime awaited fist solo exhibition in our gallery.

SOYA Asae was born 1974 in Kanagawa prefecture, conferred a doctorate for painting major of Tokyo University of Fine Arts and Music in 2006. As it is seen in the VOCA winning piece, bathtubs have been one of her major subject continuously until her recent works. The way she depicts it, there are features; smooth textures of the tubs, geometric movements of ripples, and the massive rainbow sunlight evokes smells of soap or moisture that comforts the viewers, which are seen almost always as her stylemark. She renders complex gradation of colors by layering thin paintings. It may take the viewers' senses further from symbolism of visual content, and invites them to the sensually "comfortable room” provided by the painting; in the way, the feeling that Soya’s works convey is environmental. Soya’s works has an effect to specify the ambience of the space in which the work is exhibited, the light and all sensuousness in the paintings seems to extend and replace the air of the exhibition room. Those features are also vital in her recent works, yet within some new motifs; water drops on glass window or serene scenes of an airport.

This exhibition 'Prism’ includes 15 oil paintings and 10 pastel drawings. The painting "Circles” (2007) delicately captures sunlight floating on the surface of water in bathtub. Mysterious "Water Drops” (2007) shows a blurring landscape emerging outside the rainy wet window. The three "Slider” series (2006-2007) is visualizing a rippling light casts underwater in oblique angle depicted in three types of tones. In those several different ways, Soya ambitiously tries to lead the viewers to the "comfortable room” she prepares. The artist’s new attempt is more clearly seen in the painting "Airport”; between the rainbow sunlight, the scene seems to have more narrative elements than ever before. 
We hope you to enjoy walking into her "comfortable room” of prismatic colors that Soya's works create.

Soya is going to participate the group show in Yokohama Civic Gallery, Azamino this October and also the exhibition presented by Tokyo Station Gallery at Old Shimbashi Station and Break Station Gallery, Ueno this December.

   
 

−曽谷朝絵展 カタログ発売中−

 

「曽谷朝絵 prism」

24ページ / 図版 17点
20 x 21 cm

<テキスト Text>
近さについて-曽谷朝絵の新作について想う 本江邦夫
On Nearness - Contemplating New Works of Asae Soya Kunio Motoe

定価 600円 / 送料 200円

ご希望の方はE-mailでお申し込み下さい。
E-mail:
order@nishimura-gallery.com

振込先:三井住友銀行 東京中央支店 普通 7885769
(株)アート・マスター・キー